オンラインカジノラインセンスの種類とは?初心者の為のカジノ講座

online casino

オンラインカジノラインセンスの種類とは? オンラインカジノって今話題いになっているけど違法じゃないの? そんな疑問を解決するために今回はオンラインカジノのライセンスについて調べてみます。 日本では残念ながらまだカジノ運営されていませんが世界を見ると合法の国もあるんですよ。 まずは違法性はないのか?を確認していきましょう。 オンラインカジノって違法じゃないの? オンラインカジノとは言ってもカジノの一種。 日本ではカジノは賭博場開帳罪に当たるとみなされるためカジノは違法となります。 ですがこの賭博場開帳罪をもう少しかみ砕いてみると 「主催者として入場料や参加費を支払えば賭博を行える場所を提供して利益を取得する行為を禁止」 とあります。 つまり、カジノを日本で運営するのはこの賭博法にあたりますが、カジノを楽しむユーザー側はこの法には当たらない。という解釈ができます。 ですがもちろん日本で運営できないので日本にはカジノ場がありません。 ではオンラインカジノはどうでしょうか。 結論としてオンラインカジノ自体は違法な賭博にあたりません。 なぜオンラインカジノ自体が違法ではないのか?と言いますと、オンラインカジノを運営している会社は『オンラインカジノが合法の国で運営されている』『運営ライセンスを取得している』この条件をクリアしているため、個人でオンラインカジノを楽しむこと自体は違法にならないのです。 たまにニュースになる「違法バカラで逮捕」などは、誰かが金銭をかけてギャンブルをする場を設け、そこでギャンブルが行われていることによって摘発されています。 要するに場所を提供することは禁止されているのです。 ではパチンコはどうでしょうか。 実はパチンコは賭博法ではなく風営法という区分に分類され娯楽の一つとなっています。 ですのでギャンブルとしてはみなされず、店舗を持っていてお違法ではないのですね。 イメージとしてはゲームセンターと同じと考えてもらってOKだと思います。 オンラインカジノの運営されている国はどこ?ライセンスは? さて、合法の国で運営されているオンラインカジノであればを楽しんでもOKなことがわかりましたね。 ではどのような国でオンラインカジノは運営されているのでしょうか。 実はカジノが合法化されている国、地域は世界中で50か所以上あるんです! 同じ国のなかで合法の州とそうでない州があるなども含めるとこれくらいあります。 この中でも有名なのがイギリスやフィリピン、アメリカネバダ州等。 ただオンラインカジノ運営会社はもちろんライセンスも同時にとらなければなりません。 ですのでオンラインカジノサイトはこの合法化されている国で運営され、ライセンスも取得していることがほとんどです。 もしライセンスを持っていないカジノサイトを選んでしまうと、出金できない等のトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので、必ずライセンスがあるか確認しましょう! オンラインカジノライセンス:マルタ共和国 マルタ共和国はEUに加盟するイタリアの南に存在する小さい国。 ただここのライセンスは世界のゲーミングライセンスの中でも最も取得するのが難しいと言われており、その厳しさからマルタのラインセンスをもつオンラインカジノは安心と言われています。 またライセンスを維持するにも監査を受けなければならず、ライセンス維持費も高額であるため運営会社の信頼にもつながっています。 オンラインカジノライセンス:キュラソー島 キュラソーとはカリブ海に浮かぶ島であり、ギャンブル事業は島の重要な収入源の一つ。 オンラインギャンブリングはキュラソーの収入源の一つであり、税制上の優遇措置を設けている国として知られている。 キュラソー政府から認められた4社のマスターライセンスホルダーがオンラインカジノ運営会社にサブライセンスを発行するというちょっと特殊な形態で行っています。 まず公正なカジノシステムを使っているか、十分な資金があるか審査をしライセンスを発行。