オススメのスマホアプリ【有料ゲームアプリ】を紹介します。

game

有料ゲームアプリ|The Swords of Ditto iOS版:730円 Android版:640円 このゲームは見下ろし型の2DアクションゲームRPG(簡単に言うとスーパーファミコンのゼルダの伝説みたいなもの)にローグライクゲームをミックスした感じのゲームです。 主人公は100年ごとに転生する「ディットーのつるぎ」と呼ばれる勇者になり、人々に悪さをする邪悪な魔女から島を救うために立ち向かう物語となっています。 主人公が負けると100年後のディットーのつるぎの勇者に転生し、再度魔女に立ち向かうのですが、100年の年月がたっているのでダンジョンの構造が変わるので先代の主人公の行動が次の世代の主人公に影響を与えます。 また100年たつのでダンジョンのマップなども入れ替わっているので、ローグライクの要素も含まれています。 ダンジョンはゼルダの伝説のように謎解きのような仕掛けをクリアしてアイテムを増やしていき、稼いだお金で剣や盾などの装備を強化していきます。 アイテムそれぞれの説明もこっており、新しいアイテムを入手すると読みたくなります。 このゲームのいい意味で自由なのでいきなりラスボスである魔女に挑むこともできます。 またしっかりとレベルを上げるためにサブクエストなども充実しています。 こちらのレベルと同様に魔女のレベルも確認ができますので挑む時の目安にしてください。 攻略方法としてはローリングを効率的に活用しよう。移動速度が上がるだけではなく無敵時間も存在します。 戦いに使うときは2階攻撃した後にローリングで位置を移動して再度攻撃を繰り返すのが必勝パターンだ。 ダンジョンでは回復アイテムが出にくいので攻撃よりもダメージを受けないように立ち回ることを重々していこう。 また、一度クリアすると2週目は時間制限のあるモードに突入します。 そのような難易度調整が絶妙な本ゲームをオススメします。 有料ゲームアプリ| Pocket City IOS : 370円  androis :無料版と有料版(330円) Pocket Cityは「A列車でいこう」の様な都市づくり経営シミュレーションゲームです。 操作や出来ることなどを考えるとスーパーファミコンででていた、「シムシティ」がいちばん近いとおもいます。 現在は英語版のリリースしか確認ができていませんが、文字を読むゲームでもないので必要なものは太字になっているし、文字を翻訳していけば大まかには大丈夫だと思います。 本作は買い切りの有料版なので時間経過を加速させるための課金等は存在せず。 純粋にゲームを楽しむことに集中できる作りとなっています。 ミッションをクリアするごとに建築できる物が増えていくモードもあったり、 最初からお金が無制限、全ての建物がアンロックされて建築できる「サンドボックス」モードも存在します。 ここでは自分の思うがままの配置で都市を作ることができます。 また、どのように都市づくり初心者には通常モードで始めミッションをクリアしていくことで都市を作り上げるには住宅地や商業地、工場地帯などの配置や警察署、消防署など何処に何を配置する方が効率が良いのかなど、何が大切なのかを知ることもできます。 そちらである程度基礎知識を吸収してからサンドボックスモードで思いっきり都市計画を立てることも面白いです。 一つ不満があるとすれば日本語対応を待ち望みます。 英語が身近ではない方に対してはシムシティを過去にやったことがある方であればシステムを理解するのは難しくありませんが。

オススメのスマホアプリ【無料ゲームアプリ】を紹介します。

game

無料ゲームアプリ|拝啓、看守はじめました 「拝啓、看守はじめました」は脱出ゲームですが、通常とは逆で脱出しようとする囚人を探して阻止するゲームです。 捜査官は見下ろし型の2DのRPGです。 ゲームの流れは聞き込み調査を行い、情報を集め、囚人などの要望にこたえていくとアイテムが入手できます。 (画面上にキラッと光る)アイテムを入手し、そのアイテムを使ったり使わなかったりしつつ新しい聞き込みをおこなってシナリオが進んでいきます。 グラフィックやBGMははファミコン風のドットで描かれており、登場人物も50人以上おり、それぞれが個性的な味のあるキャラクタを演じています。 ファミコンで言うと「さんまの迷探偵」に近いかな。 ただ、人間関係を記載したメモや図鑑機能やパズル要素もあり、無料でも十分手ごたえのある作りとなっています。 犯人の目星がついたらいつでもモニタールームに移動して犯人を充てることができる(たまにバグでできないこともある。アップデート期待) 探索フィールドは1F,2F,外と案外広い。あちこち回って観衆生活を満喫しよう。 ただ、主人公の移動は画面をタッチした場所に移動するという感じでクセがあり、この操作方法をやったことが無い人は、なれるまでにちょっと時間がかかるかもしれない。 物語を進めていくとパズルのピースが集まっていく。 このパズルのピースに脱獄についての真相がわかるヒントとなっており、最終的な看守のクリア時のレベルにも反映されるので積極席に集めていきたいところです。 無料ゲームアプリ|社長、バトルの時間です!(シャチバト)  「社長、バトルの時間です!(シャチバト)」は育成×異世界シミュレーションRPGです。 やり込み要素も沢山あるのでじっくりとゲームをしたい人にはぴったりだ。 プレーヤーは社長となり冒険者を雇用し、育成を行い、ダンジョンに向かわせて魔物を田をしていく、自分が行くわけではないのでダンジョン内の行動の指示を行う。 最初は冒険者から「この方法で向かう」という希望がでるので、そのまま行動してもらうか、個別に細かい指示を出すかを選べる。 作戦を選べば後は自動で探索を行うので育成に力を入れるゲームです。 期間限定で無限引き直しガチャ10連続+40連続ガチャも引けるため、スタートダッシュにはもってこいだ。 冒険にはサポーターがおり、それぞれレベルや新密度の概念があり冒険やリクルート、合成を行う事で上昇する。 無料ゲームアプリ|七つの大罪 光と闇の交戦 : グラクロ 七つの大罪 光と闇の交戦 : グラクロはハイクオリティ3Dアニメーションで楽しむシネマティックアドベンチャーRPGです。 原作は累計発行部数3000万部!人気コミック『七つの大罪』の世界を3Dグラフィックで完全再しており、自分のペースでもう一度物語を体験してもよいし、まだ原作を見ていない人にも十分に楽しめる作品となっています。 ストーリー展開に合わせて発生するバトルはキャラごとに持っているカードがランダムに配られ、まいターン枚使用することができる。 同じスキルのカードを並べると強力なスキルが発動するなど、簡単であると同時に戦略を練ることでより強力な攻撃が可能だ。 攻撃時にアニメーションも迫力があり、原作やアニメを見ている人にも十分納得できる仕上がりとなっている。 また原作やアニメの世界の再限度が高いのも本ゲームの特徴だ。 主要キャラはもちろん村人まで完全再現しているのもポイントが高い。 物語は3000年前に終結した聖戦をめぐり、闇の勢力が七つの大罪と衝突するストーリー展開を見せる。 ただ、序盤は原作通りに進んでいるが、今後オリジナルのイベントや物語が追加されるとのうわさがあり、目が離せない展開になっている。 キャラには性能に影響する強化、進化、覚醒、必殺技、装備といった育成メニューがある。 必殺技のみ同キャラ入手時に得られるメダルを使うが、あとはゲームの進行に合わせて素材やアイテムを入手することで育成できる。 キャラ萌え要素としては、個々に愛情度が設定されていてそれを上げることで個別イベントが発生する。

オススメのスマホアプリ【シミュレーションゲーム】を紹介します。

game

スマホアプリ|Rocket Star(ロケットスター) Rocket Star(ロケットスター)は工場の経営シミュレーション(宇宙規模の工場開発有り) ストーリーは宇宙工場のオーナーとなり、部品を生産し、人工衛星を作り、月面に工場を作るなどして工場を拡大していき、より大きな規模で工場を作っていくという流れとなります。 ゲームは部品を作成し、時間経過によって資金を増やしていき、工場をレベルアップさせ、より効率的に生産をおこない、資金を増やしていきましょう。 ただ、工場のレベルアップ項目は複数あり、全体にまんべんなくレベルを上げないと部品の生産のスピードは速いが部品を現場に運べないなど、一つを突出して上げないように注意しましょう。 そして、しばらく製作をつづけていくと、ロケットを発射する事が出来るようになり、何度か月に送ることで、月面に工場を建てることができます。 月面に工場ができると一気に資金の上がり方が急速に増えますが、それまでは地道に時間をかけて資金を増やしていくゲームとなっています。 優秀な人材の雇用も資金を効率よく集めるために必要なファクターです。 スキルを持ったスタッフなどが工場のリーダーになることで生産効率が増え、強力なアクティブスキルが使えるようになり、より効率的に資金を増やすことができます。 スマホアプリ|カードキャプターさくら ハピネスメモリーズ(ハピメモ) カードキャプターさくら ハピネスメモリーズは「カードキャプターさくら クリアカード編」を題材にした着せ替え×箱庭シミュレーション。 友枝町を再現した箱庭で起こる様々なミッションをクリアし、素材を集めてさくらたちの衣装を作成&着せ替えをしたり、箱庭内にある自宅でデコレーションを楽しめる。 『カードキャプターさくらクリアカード編』を追体験できるストーリーを楽しめるほか、新規に描き下ろされた「イラストカード」に連動したゲームオリジナルストーリーも展開される。 もちろん1998年からアニメ放映された「クロウカード編」「さくらカード編」も描かれる。 公式のアプリのためオープニング映像も必見です。 「お料理」「クラフト」「おさいほう」等を行うことで原作に通ずるコンテンツが解放されていきます。 ゲームの進行具合としては農業の生産アプリのように進んでいきますが、演出が毎度原作を再現している演出がでているため、過去にアニメを見た人は懐かしさも同時に思いだすことができます。 ゲーム進行はチャレンジと呼ばれるミッションをこなしていき、報酬をもらいその報酬で素材を買い、アイテムを作っていく事を繰り返していきます。 シンプルながら、毎度の演出があるため、止められないゲームとなっています。 ゲーム最初にガチャを10回引ける得点がありますのでそこからチャレンジを繰り返しガチャを回すことのできるハピネスダイヤをあつめよう。 ハピネスダイヤはログインボーナスでも入手することができます。 ガチャを回すことで「ハピフォト」も入手できます。イラスト自体を楽しめますし、デッキに装備すると素材の制作時間を短縮することが可能です。 スマホアプリ|ゴブリン水槽 ゴブリン水槽はひょんなことからミニチュアサイズのゴブリンをもらいうけることから始まります。 ゴブリンは繁殖力が高いので自分なりに水槽(集落) で育てて、タワーに挑みゴブリンと集落を開発していこう。 全体的なゲームの時間はのバトルが多めとなっています。 ですが育成にかかる時間が少なくすることができますが、集落をどのように拡大していくかを考えるのは楽しいです。 最初にチュートリアルを行った後に3回分のガチャが可能な課金することで入手可能な通貨がもらえまず。 まずはそれでガチャを行い英雄ゴブリンを入手しよう。 集落には資金を投入する事で整地であれば、様々な施設を増設する事が出来ます。 ゴブリンにはレベルが存在し、また装備によってステータスにも影響がありますのでしっかり育てていきましょう。 集落が大きくなることでより強いゴブリンが誕生します。 そした、ある程度ゴブリンの繁殖ができたらタワーに向かってバトルを行いましょう。 ゴブリンの編成の数に応じて必要な麦が必要となるのでステージに応じて使う麦の数を調整しよう。